集客への動線と仕組みが「要」

ウェブ

少し前ですが気になったブログがありました。

——
内容は
——
現在の理美容市場規模は年間二兆二千億円といわれており、その50%がその中間業者に流れているといわれています。
今の美容室はホットペッパービューティーなどに依存し、美容室はそれに載せないとお客さんがこない状況に陥っているとのこと。
中間業者の仕組みとしては広告費を美容室に要求し、なおかつ安売りを求めてきます。
これによって安売りして広告載せないとお客さんがこなくなってしまい結果美容室界でデフレが起こっています。
もしこの中間業者に流れてる広告費や割り引いたお金が無ければスタイリストはもっと給料あがるんです。
—–

美容業界のほとんどのサロン店舗ではウェブをお持ちの場合が多いです。が、集客のための動線や仕組みが弱かったりするとオリジナル顧客の獲得や独自のリピート客の引き込みがままなりません。
実は、集客や問合せ増大目的のウェブサイトでは、この「動線や仕組みが組み込まれていない・弱い」など、効果率の低いものが多いのです。
以前、弊社関連会社のブログで「ホットペッパー地獄(笑)」という記事が反響を呼びました。

SNSをやっていれば大丈夫!なんて、生易しいものではないことくらい皆さんも気づき始めているのではないでしょうか?
多くの人に「いいね」をクリックしてもらっても、その内容が仕事に繋がる有益性を持った情報でなければ商売には中々反映されません。
独自で集客や問合せ増大のための動線と仕組みを持ったウェブサイトと、各種SNSを連動させ、集客率の可能性を広げることも、商戦では大切な「要」の一つなのだと、数多くのウェブに携わってきた者として実感しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

Category

Archive

Search